失敗談を見たうえでアパート経営を始めるのがポイント

マンション経営の家賃設定

マンション経営する時は家賃の決め方が大事です。ネットには全国の家賃相場がわかるサイトがあり、参考になります。リアルな相場を調べるには地元の不動産屋を活用します。管理会社が市場調査を行ってくれます。新築の場合は新しいという付加価値があるので、相場より高めに設定できます。中古なら相場より低めにします。

資金的な余裕を作る

メンズ

計画的な積み立ての必要性

不動産投資をする上で欠かせない考え方が資金の確保であり、アパート経営を始めて失敗してしまった人に多いのが十分な資金的余裕を作っていなかったことです。概して不動産投資は滑り出しは順調になることが多く、後になって生じてきたトラブルに対応しきれずに失敗してしまうパターンがよくあります。アパート経営では特にその傾向が強く、購入価格が安い中古アパートを購入して失敗するケースでは大抵が資金計画に問題があったことが原因です。資金的な余裕を作っておく必要があるのは修繕と空室対策のために費用がかかるからです。アパート経営では常にその地域での需要に応えられるアパートを維持していかなければ入居者が減っていくことを念頭に置いておかなければなりません。空室対策として設備を補充したり、環境改善を行ったりする取り組みは欠かせないものであり、そのために投資できる資金を確保しておく必要があるのです。そして、建物は常に劣化していくものなので外壁塗装や屋根塗装だけでも10年から15年に一度は行わなければならないでしょう。その費用が工面できないために修繕が遅れてしまうと極端に劣化が進んでしまって、安全に住める状況ではなくなってしまうリスクすらあります。アパートの規模が大きいほど修繕には費用がかかるのでやはり計画的な積み立てが必要です。このような資金面の考慮を欠いてしまうことによって失敗してしまうことが多いのがアパート経営の特徴でしょう。

一括で借りてもらうには

サブリースとは、物件を不動産会社などに貸し出して賃料を得る仕組みです。空室であっても賃料がサブリース会社から支払われるということで、安定した収入を得ることが可能です。サブリースといえば新築アパートなどでよく宣伝されていますが、既存建物でも行うことができます。

滞納ゼロの賃貸経営

家賃債務保証は、専門の保証会社が賃貸住宅の家賃等に係る支払い保証を行う制度です。滞納等があった時は保証会社が立て替えてくれるため、オーナーは債権の確保を確実にすることができます。入居者にとっては、連帯保証人を代行してくれるサービスとなります。