失敗談を見たうえでアパート経営を始めるのがポイント

一括で借りてもらうには

紙幣と積み木

利用するまでの流れ

賃貸経営を行う上で空室率が上昇するということは、収益を悪化させるだけでなく収益そのものが無くなり赤字になるリスクがあります。そのようなリスクを避ける方法がサブリースです。サブリースは、不動産会社などサブリースを行っている会社に一括して借り上げてもらうというものです。借り上げられた物件はサブリース会社が貸し出して収入を得る仕組みですが、そのメリットとしてオーナーは空室率に関係なく一定の賃料を手に入れることができます。一般的にサブリースといえば新築アパートなどに見られますが、既存物件でも利用は可能です。既存物件サブリースの流れとしては、申し込みを行った上でサブリース会社が現地調査を行います。その上で、どの程度の賃料が支払えるのか、また契約期間などに付いての提案を受け、その内容に満足すれば一括借り上げの承諾が行われます。注意すべきはこの時点では契約をしていないことです。既存物件の場合にはそのままの状態で貸し出されることは少なく、リノベーション工事を行うことが前提になります。工事費用はオーナーが負担します。そのリノベーションを行うということを決めれば借り上げのための契約が締結されます。その後、リノベーション工事を行いサブリース会社が入居者を募集するなどの営業活動を行って入居者を集めます。管理などについてはサブリース会社が行うことになるので、オーナーは管理業務を気にすることなく賃貸収入を得ることができます。