失敗談を見たうえでアパート経営を始めるのがポイント

マンション経営の家賃設定

婦人

付加価値によって決める

アパートやマンションの経営をする場合に、リスクを最小限に抑える必要があります。賃貸経営でのリスクとは空室が発生することですが、それを防ぐためには家賃設定がとても重要です。借り手側の立場に立てば、同じ間取りなら少しでも家賃の低い方を選ぶからです。家賃を決める時は家賃相場を参考にします。簡単に家賃相場を調べるには、ネット上にたくさんある不動産会社のホームページを参考にします。また全国の家賃相場がわかる便利なサイトもあります。そのようなサイトでは路線別に調べることができ、1DKや2DK など間取り別に家賃相場がわかるようになっています。ただしあくまでも参考にすべきで、実際に家賃を決めるにはアパートやマンションの建っている場所の周辺調査をすべきです。マンション経営の場合は管理会社に委託するケースがほとんどなので、家賃を決める時には管理会社が市場調査をして家賃を決めてくれます。また地元の不動産屋ではネット情報よりもリアルな家賃相場がわかります。家賃を決める時は同じような築年数、間取り、立地条件の物件を参考にします。新築マンションの経営なら、新しいという付加価値があるので周辺の家賃相場より多少高めの設定でも入居者を集めることができます。その場合、家賃設定は同じにして管理費を高くするといった方法もあります。中古のマンションで賃貸経営する場合は、周辺の家賃相場よりも多少安くする必要があります。リフォーム済みといった付加価値があれば、同程度の家賃設定にすれば集客できます。